So-net無料ブログ作成
検索選択

千葉市、6年間で不正経理総額4億6千万円(読売新聞)

 千葉市は12日、2003〜08年度の6年間での不正経理の総額が、約4億5500万円だったとする調査結果を公表した。

 私的流用は確認されなかったが、コーヒーメーカーの購入費など業務とは無関係の不適切な支出約3700万円については、退職者を含む管理職約2500人に返還を求める。

 同市は、03〜07年度の国庫補助事業を巡り、会計検査院から計1590万円の不正経理を指摘されたことを受け、09年8月から独自に全庁調査を行っていた。

 調査は、07年度分のみを抽出して経理実態を調べ、それをもとに6年間の不正総額を推計した。調査対象の業者も、一定の取引額がある7割の業者に絞った。

 07年度分の調査では、いずれも事務用品などの消耗品費で不正経理が判明し、合計額は4725万円に上った。業者に現金をプールする「預け」が166万円(38件)、請求書の名目と違う物品を納入させる「差し替え」が2522万円(1179件)など。

 市はこの結果をもとに、07年度全体の不正額を7066万円と算定し、6年間の不正総額を約4億5500万円と結論づけた。

大阪・マンション2人刺殺、容疑の44歳男逮捕(読売新聞)
アユ 初競り威勢よく 岐阜(毎日新聞)
ダイヤ鑑定 「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ(毎日新聞)
和平交渉再開を歓迎=イスラエル外相と会談−鳩山首相(時事通信)
全員女性「意見言いやすかった」=「男性の声も」―性犯罪事件で裁判員・那覇地裁(時事通信)

介護保険、ドラマで区民に周知―東京・豊島区(医療介護CBニュース)

 東京豊島区はこのほど、介護保険サービスの概要と利用方法をドラマ仕立てでまとめたDVDを製作した。区によると、今回の取り組みは東京23区では初めての試みで、全国的に見ても珍しいという。

 DVDは、区の職員が台本を執筆した「ドラマ編」(35分)と、音声と図解による「制度説明編」(15分)の二部構成。聴覚障害者用の字幕も加えた。

 区によると、「介護保険制度とは何か」「利用するにはどのような手続きを行えばよいのか」といった質問が後を絶たないという。一昨年に実施したアンケート調査でも、高齢者に介護保険制度があまり知られていないことが分かったため、ドラマ化することで同制度への区民の理解を促す狙いがある。

 DVDは区の「介護保険ライブラリー」で無料で貸し出すほか、個別に個人や団体にも貸し出す。今後は介護保険課の窓口で活用するほか、関連施設や関係機関などに配布する方針。


【関連記事】
「最期は自宅で」が5割超、奈良県が高齢者介護の実態調査
「介護サービス情報の公表」制度でシンポ
男は「妻」、女は「プロ」に介護されたい─ヒューマが意識調査
福祉サービスへの苦情、横ばいの2500件余−全社協調査
「介護事故」の定義を明確に―日本介護福祉士会

京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判(産経新聞)
前PHP研社長を擁立=みんな(時事通信)
「迷子」→「拾得物」→「脱走」…お騒がせクジャクを再捕獲 千葉県警八千代署(産経新聞)
もんじゅ 運転再開 火災から14年ぶり(毎日新聞)
<普天間移設>政府、5月決着断念へ…徳之島3町長拒否(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。